FC2ブログ

闇雲草

デビルサマナー葛葉ライドウ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャルメラを聴きながら

久々にお休みを合わせて温泉行ってきました!部屋つき露天風呂は何時でも好きなときに入れるからイイヨな~というわけで朝昼晩と温泉三昧。いいなーこういうのって湯上りでほんのり色づいたライドウちゃんを見て『この子色が白いんだ』って改めて気がついたりね!ふふふ!

どこへ行ってもオタク心は健在です。
一夜明けて安土城跡へ行ってみました。最近の歴史ブームでか連休ということもあって意外と人は多かったけれど、発掘調査中で特に見学のための設備も整えられていない山上の城跡は抜けるように爽やかな秋空の下、なんだか寂しく悲しい風景でした。

以前ルーマニアへヴラド・ツェペシュの事跡を辿る旅をして、最後に彼の墓所を訪ねたのですが、現在のルーマニアの元になるナショナリズムの主張や宗教の対立、大国との軋轢や権力闘争と虐殺と陰謀と幽閉、その挙句の謀殺と、あらゆる暴虐と悪意に彩られた彼の人生は毀誉褒貶を極端に行きつ戻りつし今も定まらないのですが、
その彼の墓所は栄光とも恥辱とも更に無縁な小さな教会で、悲しいほどに明るく静謐な場所でした。
評価とは未だ無縁な、あの淋しい墓所を思い出します。

安土の天守跡に上れば礎石の高さからでも琵琶湖の周囲が一望でき、東西と南北に陸水問わず兵を動かせばここから見逃すはずもなく、確かにこの地でにらみを利かせれば他者の京へ至る野心を断つには充分なのでした。

今は四方が陸地ですが当時は琵琶湖が入りこみ三方が水だったそうでモン・サン・ミッシェルのように水上に浮かぶ異色の建築はこの世のものとも思えない光景だったことでしょうね。

簡単に復元作業は進まないでしょうけれどもそれもいいのかなと思っています。

帰宅するとすっかり秋の涼しい風で、チャルメラの音が前の道を通り過ぎていきました。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://yamikumosou.blog53.fc2.com/tb.php/412-df343d61

左サイドMenu

プロフィール

八雲みゆき

Author:八雲みゆき
ここはアトラス系ゲームの葛葉ライドウが超力兵団やアバドン王と戦ったりその二次創作を妄想したりするプレイ日記や同人日記だったりします。いわゆる女性向です。嗜好は双方向多方面に亘る場合がありますのでご注意ください。傾向はオンラインは若干ライドウ左傾、オフラインは右傾気味です。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。