FC2ブログ

闇雲草

デビルサマナー葛葉ライドウ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレビト21話

いろいろと衝撃的過ぎた問題作の21話ですが、

感想は追記で。ネタバレ満載です。

2コマ目でいきなりクライマックス過ぎるだろ。
そこはかとなくドヤ顔のライドウちゃん。1930年代のドレスコードでは3ピーススーツの場合、人前でジャケットはとってもいいけれどベストを脱いでサスペンダーを見せるのはNGだそうです。サスペンダーは既に下着の範疇なんですね。靴下吊りならなにをかいわんや。ともあれ、対戦相手が少女悪魔だからいいようなものの、鳴海さんだったら(?)即死効果ですよね。久米の仙人も空から落ちるぜ。ポルノではなくエロスを感じさせてくれる貴重な演出。まあ銭湯で前隠さないライドウちゃんだからナー。こんな繊細な萌えはどこかであっさり覆されそうな気もするけど。

そして非常用の管にはなぜかモー・ショボー。うちでプレイしたライドウちゃんも最後までショボたんを連れ歩いてたので同じ趣味なのが嬉しいところですがサマナーとしてのセンスはどうなんだろう帝都の守護者。そして綾村さん的には本領発揮の少女悪魔対決が描きたかったのかなー?
疾風属なのはともかくとして、偵察とかも微妙に役に立ってないし?
ミラーハウスはマジックミラーなのか細っこいライドウちゃんが当社比20%くらい細く見えます。
そしてショボたんのスカートの中身は見せてくれない。

そしてライドウの『心象世界』。しつこく念を押すように、これはライドウ自身の心を表わしているんだよ、と繰り返される。迷うライドウの心を表わして現れる人物は三人。『幼いライドウ』、『安倍星命』、そして『葛葉雷堂(ドッペルゲンガー)』。
現実そのままではない、と言うように読者にわかる範囲では星命とのやり取りも記憶をなぞっているわけではない。むしろ裏切りに傷つき、戦いを放棄したいというライドウの本音を仮託した造形と言える。
ということは傷ついて泣く幼いライドウも、ライドウを叱咤する雷堂も、そのままではないのだろう。過去の傷はもっと別の、生々しい事件であったかもしれないし、それが輪郭だけを示唆する形を取ったのかもしれない。

ともあれ深層心理をあらわす鏡の世界でライドウがまず出会った自己は、言葉で説得できない傷ついた幼児だが、その姿は辛い事を口に出して泣けることで逆に乗り越えられるし、次に今回の実際の原因である星命の形を借りた自己に向き合うことで己の意思を再確認した。最後に向き合う自己は『葛葉雷堂(ドッペルゲンガー)』。現実世界に立ち戻る決意を確かめ、ためらいを捨てさせる試金石。鏡の世界である以上最後の敵は自分自身であるべきで、それが『雷堂』であることはご愛嬌というか、ライドウにとってそのほうがリアリティのある存在だったのか。
 
ともあれ定石どおり結界は破れてアリスとの戦い続行。ある意味今回一番問題が多そうな影アリスのバラバラシーン。ちゃんとこれコミックスになるよね?
前回のアリスの描写がすさまじく力が入ってかわいかったので今回アレは影だったよっていうネタばらしがちょっぴり残念。そして黒おじさんと赤おじさんが登場してアリスを回収してしまうけど、2人から逃げ隠れしてたってことはあんまり再会しても嬉しくないの?なんだか微妙な感じに。
もらったソーマはなぜかいちじく○んちょう型。効きそう!

綾女とおーはんはなんだか知り合いっぽいというかヤタガラスの身内だもんね。それ以上になんかあったら嬉しいし。彼女が内偵したら飲み代とか経費がすごくかかりそうだなー、というところで以下次号!ですね。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://yamikumosou.blog53.fc2.com/tb.php/343-25203598

左サイドMenu

プロフィール

八雲みゆき

Author:八雲みゆき
ここはアトラス系ゲームの葛葉ライドウが超力兵団やアバドン王と戦ったりその二次創作を妄想したりするプレイ日記や同人日記だったりします。いわゆる女性向です。嗜好は双方向多方面に亘る場合がありますのでご注意ください。傾向はオンラインは若干ライドウ左傾、オフラインは右傾気味です。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。