闇雲草

デビルサマナー葛葉ライドウ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は何の日

2013021402

参加しようとしたら時間ギリギリになったので例によってなぐり描き。
スポンサーサイト

マレビト大団円

放置継続ですみません。
なかなか手をつけられてない原稿はその更に手前であがいてる状態です。
手抜き過ぎるんだよ、と日々叱咤されてる画力をなんとかしないといけないのはわかっているんだけど、
根が怠け者だからね!
上手い下手言う前にちゃんと描け、と。うん、そうだよね。


とうとう最終回を迎えたマレビトですが、すごいなあ
このラスト。
予想されてたというか期待されてた、そう、読者の期待を正面から受け止めて
描ききってくれた堂々の大団円、ありがとう!
ラストシーンはみんなの笑顔とか帝都の俯瞰とかかなと予想していたらまさかのライドウの笑顔!
見開きバストアップで!

すごいなーこれ。
鮮やかに予想を裏切ってくれて胸が熱くなりますね。

過酷な展開を切り抜けて成長し、多くのものを失い同時に得たライドウちゃん。
その彼がここで心から微笑むというのは素晴しいことです。
コミックでは彼が初めて帝都に来た時のことは描かれていないけれども、
おそらく人との関わりは何一つ持とうともしなかっただろうことは
想像に難くない。
帝都に着任した時点ではライドウちゃん自身が孤独な客人であったに違いないのに、
それから成長して、人を信頼して裏切られてまた信頼して
絆ができて、その過程の全てを肯定できたのがあの笑顔なんだなーと思うと感慨深いものがあります。
それこそが本当の大団円なのね!

しかしライドウちゃんの笑顔なんて綾村さんの作画がなければ
ギャグにしかならんなーと思うと今更ながらに画力に脱帽です。

これからぼつぼつ番外編とかあれば嬉しいな!と期待。

*CommentList

10,000ヒット記念

20120203.jpg

ぼへらっと何も活動していない間にキリ番というか10,000ヒット達成したので絵を上げてみました。
漠然とレトロな色調にしたいな~と考えたものの色を塗り終わっても「レトロな色調って、どういう色調のことでしょうね??」と迷走してしまい・・・
鳥居は初めただの赤い鳥居をくるくるさせるはずだったのが普通に大社のアソコになってしまったという・・・
だって絶対あれ異空間だよね?右へ行くか左へ行くかでルート変わるよね?同じ場所へ出ると思いこまされてるだで絶対別の場所へ出てるんだよね!   と  断言できる異界感・・・・。

それより早く夏コミ申し込みしようね・・・
とそろそろ切羽詰ってくるのでした。(とにかく仕事が遅い。)

ともあれ、コンゴトモヨロシク・・・・。

まれみろ33話:ネタバレ注意

予告編を見たときはどうなることかと思いましたが・・・!
無事に大団円へ向かうようでよかったよかったv

とはいえ気になるのが14ページの「あんたには待ってる人達がいるんやから・・・」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「人」少ねぇ

ライドウちゃんを抱きかかえたヒメちゃんを中心に、走馬灯のように回っている?人達+悪魔・・・・
ネコマタを抱いたヒメちゃんも集合写真にちゃっかり混ざっていることから、この
イメージはヒメちゃんではなくライドウちゃんの心象風景でしょう。
ライドウちゃんが「自分を待ってくれている」と認識している人達ってことね。

[まってるひとたちうちわけ]
あくま:21
にんげん:5 うち2人は故人・・・・・。


ライドウちゃん、ともだち少ないww
ゴウトはその前の走馬灯シーンでは入っているけどここでは外れてる。
登場キャラ(人型)でも結構外れてる人多いので、ここの人選は
「ライドウちゃんが人と人との暖かい繋がりと意識している人達」なんでしょうね。

ヤタ姉? ライドウちゃんの任務にしか興味ない。
ヴィクトル? ライドウちゃんが生きてても死んでても体にしか興味ない。
金王屋? 同じくライドウちゃんの財布にしか興味ない。

と考えれば納得できます。
学校関係者が全然出てこないのは学校の友人代表の星命に辛い目に合わされたから
無意識に排除してるのかなあ、とも思います。
ライドウちゃんかわいそう。

ヤタガラスの末席鳴海さんはちゃんと場所をとってるので
鳴海さんはちゃんと生身のライドウちゃんを大事に思ってると
ライドウちゃんは認識してるということですね!
よかったね鳴海さん体だけが目当てとは思われてないみたいだよ!


それにしても  に ん げ ん す く な いwww

来年は友達百人作ろうね・・・。

夏コミ申し込み!



しなければ

ならないね!

資料の伏見稲荷は以前撮影に行って山ほど撮ったハズ・・・とフォルダを探しても全然見つからなくて、おかしいなーと撮影日を確認したらデジタル移行以前の白亜紀かジュラ紀の話でしたね・・・・
ぼへへっと自分の別サイトに上げた写真見てもあーねー・・・全体がわかる写真はないわなー被写体小さいものねえ・・・・トッホッホ~
いやーわかるけどさー もうちょっとだけ・・・ひいて撮ってくれないかしら!
と○年前の自分に語ったりしているのでした。

左サイドMenu

プロフィール

八雲みゆき

Author:八雲みゆき
ここはアトラス系ゲームの葛葉ライドウが超力兵団やアバドン王と戦ったりその二次創作を妄想したりするプレイ日記や同人日記だったりします。いわゆる女性向です。嗜好は双方向多方面に亘る場合がありますのでご注意ください。傾向はオンラインは若干ライドウ左傾、オフラインは右傾気味です。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。